2006年03月25日

病院

今日は病院に健康診断と狂犬病予防に行ってきました。

健康診断で、以前から気になってる足を見てもらったのですが、かなり丁寧に触診してもらいましたが今のところなんともないとのこと。

走りだすと必ず後ろ足がウサギのように一緒にでることが一番気になってるわけで、質問したところやはり普通のワンは走ってる時も交互に出るそうです。
皆さんも目安にしてください。
で、片足をかばってる時にそういう風にするそうで、そういう風に走った後はあまり走らせないようにとのこと。
「走りだしから毎回そうです」という言葉に対しての思うような診察結果、対処方法は得られませんでした。

たまに膝の上とか抱っこしてるとき時、関節がポキポキ言ってることについても今のところなんともないと。

以前先生がお腹を診察する際、足を持ってひっくり返す時偶然に、「関節がポキポキ言ってる、この子足悪いね、シーズーは多いから」とおっしゃったのが、足を気にするきっかけでした。

今日は先生事態以前そう言ったことを忘れてしまっているようでしたので、あえて口に出しませんでした。
更に悪くなってから後悔したくないので、今度他の病院も言ってみようと思ってます。

ついでに2歳になるので肝臓や腎臓の数値を見てもらうのに、血液検査もしてもらいました。
2歳なるので1度しなくていいですか?との心配性飼い主の問いに、先生は少し考えてから「そうですね、しといてもいいと思います。」とおっしゃったのでもしかしたらする必要ないと思っていたのかもしれませんが。。。

こちらは月曜日に電話で結果を聞くことになってます。
人間と同じで、大体血液検査すれば悪い所がわかるのかな???と。

毎回先生に対してもっと突っ込むべきなのか、先生の言葉を信じていればいいのか、病院にいく度にモヤモヤします。

こうしてネットをしていて、お友達の病院体験などから、色々知識を学び、少しは突っ込んだり、疑問をもったりするようになったと思います。
きっとネットなどしていなかったら、先生の言われるままにしていたと。
田舎なので、ワンに対する意識の違いから、高額な検査などは特に、症状がでて様子が違わない限りこちらが言うまでしないという部分も多分にあるのではないかなぁと思ったり。。。

今通ってるとこの先生は手術などに関してはとても評判のいい先生です。
ですが飼い主としては表に出るほど悪くなってから病院に駆け込んで治療してもらうことより、
予防、早期発見治療、が重要かと。
まぁ、単に心配性なだけですが(;´Д`)
posted by miko0408 at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。